ご馳走の代表格である蟹。蟹といえば、とにかく

MENU

ご馳走の代表格である蟹。蟹といえば、とにかく

ご馳走の代表格である蟹。

蟹といえば、とにかく種類が多いですよね。

種類ごとに味や風味は大きく違っており、好みも人によってバラバラだといえますから、通販で蟹を購入しようという人は、蟹の種類や呼び名、その特性を知っておくことも肝要であると言えるでしょう。

中でも売れ筋の蟹といえば、まずタラバガニやズワイガニが挙げられるでしょう。

どんな種類の蟹を買うとしても、選ぶ際にはサイズや新鮮さを基準にすることが何より大事です。

私にとって年末年始の特別な贅沢、それはかにです。

我が家でお取り寄せといえば「かに」というほど習慣になっていて、色々な通信販売で注文しては、かに三昧の2日間を過ごしています。

例年ネットや広告や情報を総動員してみるものの、選ぶ範囲が広過ぎてもしかしたら当たりはずれもあるかもしれないしと、悩みの種になります。

生鮮食品であるかにはきちんとした方法で扱わなければ美味しさが格段に落ちてしまいますし、美味しくなかったとしても次と簡単に考えられるお値段でもありませんので、なるべく美味しいものを失敗なく選べたらいいですよね。

そんな時に大いに役立つのが、インターネットの口コミではないでしょうか。

たくさんの人がその会社や商品についての正直な感想を述べているのですから、ハズレを引く確率をぐっと抑えられます。

案外よく食べられているのが、モズクガニです。

何と、かの有名な上海ガニと同じ仲間なのです。

上海ガニと似ていないのは背中の黒く細かい模様で、甲幅8センチ程度と、食用がにの中でも小さい方です。

重量は全体で170〜180グラムが一般的という小さなかにです。

ちなみに、雄の方が雌より小さいとされています。

食用がにとしては、昔から日本各地でよく使われています。

今は、通販で多くの種類のかにが買えるものの、常に人気上位のタラバガニですが、購入するときには気をつけてください。

一見間違えてしまうくらい、タラバガニに似たアブラガニという安価なかにがあり、ちょっと見ただけでは、間違えてしまいます。

何の疑いもなくタラバガニを買ったところ、アブラガニだという指摘を受けた信じられない話もありますので、値段もさることながら、お店の評価もしっかり確認してください。

様々な中華料理のうちでも高級料理の一つとして多くの人に知られているのが上海蟹ですが、元来、上海蟹という名称で呼ばれるのは、中国で水揚げされる淡水蟹のうちでも、揚子江の下流付近に生息している蟹を上海蟹と名付けています。

季節を問わず手に入り、どの時期に行ったとしても食すことはできますが、メスの場合は多くの卵を含んでいる10月あたりと、上海蟹のオスの白子のねっとり感が最高においしくいただける時期が11月辺りで、極上の味として貴重な一品です。