かつては食用蟹の代名詞でもあった渡り蟹。これは

MENU

かつては食用蟹の代名詞でもあった渡り蟹。これは

かつては食用蟹の代名詞でもあった渡り蟹。

これは横長の体を持つ蟹で、正式にはガザミといい、かつては東京湾でも獲れたそうです。

現在では有明海や瀬戸内海などに分布していますが、最近は国産に加えて中国などの輸入品も多く出回っています。

六角形の横長の甲羅を持つ、比較的大きなサイズの蟹であり、特にメスの卵巣が格段の美味として知られ、また蟹ミソや身の肉も美味しいので、各地で食用蟹の代名詞として愛されてきた歴史があります。

調理法としては、塩茹でや蒸し蟹などにするのが古くから最も一般的とされましたが、味噌汁からパスタの具材、韓国料理に至るまで、使い道は多岐にわたります。

よい毛蟹とは?考えたことがありますか。

毛蟹と言えば冬が旬。

ですから、全体に大きく、身が入っているのも冬で、毛蟹が最もおいしい時期です。

実際に見て買えるなら、見た目もそうですし、触ってみた感じや手にしたときの重みも大事です。

つやつやで色のいい、手応えのある毛蟹を選んでください。

身が詰まっているかには、やはり手応えが違います。

そして、定評のある販売店を選べば、よいかにを売っている可能性が高いです。

美味しい蟹を簡単に取り寄せることができる「蟹通販」。

初めての利用時には、誰だって一番良い業者を選びたいに決まっていますが、せっかくの蟹通販で損しないように、以下の点に注意してください。

業者の信用に関わってくるのは「人」です。

良い業者には、お客様に良い蟹を届けるために、目利きの専門家がおり、他でもない専門家が産地まで買い付けに赴き、プロの目利きでもって、一定品質以上と認められた蟹を確実に仕入れてくるので、品質は保証されています。

本当にお客さんのことを考え、品質第一をポリシーにしている業者を選ぶのが重要だといえます。

良い業者を選び、美味しく蟹を味わいましょう。

種類にもよりますが、かなり大きい冷凍かにもあるので手間をかけずに解凍したいと考えるでしょうが、解凍はおいしく食べる決め手の一つなのでじっくり行ってください。

かにのおいしさを損なわないために心得ておくべきなのは、部屋の中で解凍するのを避け冷蔵庫で解凍することです。

冷蔵庫の温度が魚介類の解凍には最適なので、だまされたと思ってやってみてください。

一口に食用のかにといっても、たくさんの種類があります。

国内で最もよく知られているのはタラバガニでしょう。

後は、毛蟹も有名ですね。

触ると痛いくらいの硬い毛で覆われており、新鮮であるほど硬い毛が密集していて、通の味ともいわれています。

味ならばズワイガニを挙げる方も多く固定ファンがいます。

とれる場所によっても味が違いますし、この料理ならこのかに、という方もたくさんいます。