現在、多くの業者が「ワケアリ」

MENU

現在、多くの業者が「ワケアリ」

現在、多くの業者が「ワケアリ」の蟹を取り扱っています。

本記事でもそれを推しているのにはワケアリだけに「ワケ」があります。

それは通販ならではの利点と言えます。

実店舗で購入する場合、傷物などは店頭に出ていませんが、そのぶん値段も普通通りで、特にお得だと感じることはありませんよね。

ところが蟹通販では、実店舗とは違って、商品の見栄えを気にしなければ、キズモノの蟹を「ワケアリ品」として安価で購入できるケースが多いので、形を気にしない人にとってはこの上なくお得な買い物なのです。

ズガニと呼ばれている蟹がいます。

この蟹の正式名称はモクズガニです。

モクズガニという名称ならば思い当たる人も多いかもしれません。

モクズガニは河川でみられるカニで、とりわけ鋏に生えている毛が特徴的です。

甲羅が小さく、手のひらより一回り小さい大きさですが、それを鑑みると、比較的脚が長いことが特徴として挙げられます。

専ら蟹のお味噌汁または炊き込みご飯として調理されます。

ガザミ、イシガニは、食用になるとワタリガニと呼ばれます。

一般に出回っているかにの中ではその脚は太くはありませんが代わりに、味噌はとてもおいしく通の味と言えます。

あちこちでとれるかにで、お値段も手頃なのでもし、かに味噌を思い切り食べようと思えば期待に応えてくれます。

丸ごと調理するのも簡単なサイズで丸揚げや丸焼きも難しくありません。

蟹には色々な種類がありますが、最近人気の蟹の一つに花咲蟹が挙げられます。

初めて聞いた方もいるでしょうか?タラバガニの仲間に分類される花咲蟹は、全国の中でも北海道の東部、根室や釧路でのみ獲れる珍しい蟹であり、味に粗野なところがなく、上品で繊細な味わいが楽しめます。

ハサミが最も美味しいと言われる花咲蟹ですが、脚の肉にはジューシーで柔らかいという特徴もあり、タラバガニよりやや小さいとはいえ、大型で身のたっぷり詰まった蟹です。

花咲蟹が最も美味しい時期は、夏から秋にかけてといわれ、7〜9月頃の限られた漁期にしか水揚げされない貴重な蟹です。

同じかになら、もっと安く食べたいなと悩んで調べてみた方が多いのはもっともです。

はずれがない方法としては、一定以上の量を市場で直接買い、交渉すれば小売りを通さない分、安く買えます。

かにを扱う市場に行ける方に限られますが、安さと新鮮さを追求するならおすすめできます。

今はかに通販も充実しているので、よく調べれば安く買えるのでおすすめです。