安価でカニを食べるには、どうしたらいい

MENU

安価でカニを食べるには、どうしたらいい

安価でカニを食べるには、どうしたらいいと思いますか?大抵の方々が「そりゃスーパーに売ってある蟹が一番安いに決まってる」とおっしゃるかもしれません。

ところが、それ以上に安値で蟹が取り扱われている場合があります。

「どうすればいいの?」皆さん気になるでしょう。

それは何かと言いますと、通販で蟹を買う方法です。

この場合、訳あり商品が取り扱われているので、一番安く買うことができる方法です。

この手段を利用することで、たとえ見た目は劣っていても、安く蟹を買うことができます。

蟹をさばくのは難しいものです。

活蟹のさばき方を簡単にご説明します。

最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、「ふんどし」と呼ばれる、お腹の三角形の部分を引き剥がします。

割と簡単に剥がれます。

お腹を割るのには包丁の手元の部分を使います。

その後、甲羅から足を取り外します。

腹の切れ目を中心に、手で折り曲げるようにして外しましょう。

ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。

これらは食べられません。

胴の蟹ミソは落ちやすいので、フォークやスプーンでかき出して甲羅に入れておきましょう。

ここまでで形になりました。

最後に、調理バサミや包丁で脚を切り、身の肉を出しやすいよう、脚の表面に一直線の切れ目を入れておくという手順です。

慣れれば早くさばけるようになりますよ。

今の世の中、何とかして人を騙してお金を手に入れようと思う人があふれていて、そのアイデアは尽きることなく、今の新手はなかなか食べる機会のないかにを食べたい気持ちを煽り、通販を騙ってお金を出させる詐欺です。

どんなものかというと、まずは電話でアンケートを口実にこちらの好みを探り、通販の話を持ち出してくるのです。

毅然とした態度ではっきり断らないと、証拠のないのをいいことに、数日後に明らかにかにが入っていそうな見慣れぬ包みがどーんと届けられ、初めて詐欺にあったことに気付くというわけです。

それとは違うケースに、最高級のかにだとカタログに記載し、購買欲をそそる写真を載せながら、まるでどこかの国で発覚した杜撰な食品管理の話のような、衛生的とは言えない品質のものを送ることまであるそうです。

これも立派な詐欺です。

美味しいかにを食べるつもりだった期待を裏切られ余分なお金まで取られるなんて、ひどい話です。

このような時代を生き抜くには、隙を見せない生き方を心がけるしかありませんね。

ズワイガニのメスは、「セコガニ」と呼ばれます。

場所によっては、セイコガニと呼ばれたり、香箱ガニと呼ばれたりすることもあるでしょう。

美味しいカニ味噌は雄でも味わえますが、普通よく行われる調理方法は、脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにする方法です。

それに比べて、セコガニはコンパクトなため、脚の身はあまりありません。

しかし、味噌、内子、外子の間が絶妙なバランスで、一般的には、こうしたところをゆがき、いわゆる「珍味」として好まれることが多いです。

蟹の食べ放題コースは多くありますが、多くの方は、そんなところの蟹は美味しくないという印象をお持ちかもしれません。

しかし、食べ放題の良し悪しもピンキリです。

食べ放題でも新鮮で美味しい蟹を食べられるコースが最近は増えてきています。

食べ放題といっても、名産地の旅館や蟹専門店のコースなら、水揚げされたばかりの美味しい蟹を存分に味わうことができるでしょう。

ですが、正真正銘の極上ランクの蟹を食べたい方ならいわば安心が担保されているブランド蟹を選ぶのが最適ということになるでしょう。